九州経済産業局 > イベント情報

 > 政策紹介

第2回セルロースナノファイバー(CNF)実践講座を開催します

平成30年2月1日
九州経済産業局

「セルロースナノファイバー(以下、CNF)」を活用することにより、軽量化や高強度化といったさまざまな特徴ある部材、製品等の実用化が期待されており、現在、研究開発・製造技術開発のステージから社会実装化に向けて、様々な取組がなされています。

今回の実践講座は、「ACC法で製造されたCNFと樹脂(PP)とのナノコンポジット製造実習」をテーマに基礎的な使用方法等について、座学や実践演習を交えて実施するものです。

なお、第2回CNF実践講座は、2日程で2日間です。詳細は以下のとおりです。

皆様のご参加をお待ちしております。

日時

  1. 平成30年2月22日(木曜日)11時00分~17時00分
        2月23日(金曜日)10時00分~16時00分
    (16時から17時30分 個別相談会)
  2. 平成30年2月27日(火曜日)11時00分~17時00分
        2月28日(水曜日)10時00分~16時00分
    (16時から17時30分 個別相談会)

※1、2ともに同一カリキュラムです。また、各日程とも第1日目の実践講座終了後、講師を交えた交流会を予定しておりますので、ご希望の方は申込書に記入してください。(会費:5,000円程度)

場所

九州大学 箱崎キャンパス 農学部 3号館2階 205号室(福岡市東区箱崎6-10-1)

主催

九州経済産業局、九州大学大学院農学研究院 バイオマテリアルデザイン研究室

参加対象

CNFを活用した事業展開にご関心または目指しておられる企業・研究機関等

※当該実践講座は、CNFの研究開発・成果を活用し、事業化のステージに向けて取り組む企業・研究機関等を対象とした支援事業です。

参加費

4,000円(テキスト代、その他実費として)

当日ご持参いただくもの

作業着(汚れていいもの)

定員

30名(先着順)

※定員は、各日程で各々15名となります。また、会場の都合上、ご参加される方は各企業・団体につき、お一人までとさせていただきます。

実践テーマ

ACC法で製造されたCNFと樹脂(PP)とのナノコンポジット製造実習

カリキュラム

1.講義:

1)木材、竹パルプからの製造されるACC-ナノセルロース(ACC-CNF)の特性

2) 新規ACC-CNF・PPナノコンポジットの製造原理の解説

2.実践:ACC-CNFにまず触れること、そのあと樹脂とのナノコンポジット化へ

1)割り箸の浸漬から強化

2)木材、竹パルプACC-ナノセルロースとTEMPO-CNF分散液からのエマルション形成の実践

3)PP粒子表面へのACC-CNFの被覆の実践

4)ACC-CNFハニカム骨格のPP中への内包の実践

3.まとめ

※実施順番は変更となる場合があります。

講師

九州大学大学院農学研究院 
 バイオマテリアルデザイン研究室 教授 近藤 哲男 氏

申込方法

申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、平成30年2月13日(火曜日)までにE-mail(kyushu-cnf@meti.go.jp)またはFAX(092-482-5538)にてお申し込みください。

本件に関するお問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 製造産業課
担当:仁田、鎌田
電話:092-482-5445 FAX:092-492-5538