九州経済産業局 > イベント情報

 > 政策紹介

知財を活用した農業ブランディングセミナー
〜知財・地理的表示【GI】を活用して地域を活性化!〜
のご案内

平成28年2月24日
九州経済産業局

「地方創生」に欠かすことができない「地域ブランド化」。

地域らしさを背景に地域の農産物や加工品に価値を生み出し、伝え、信用を築き上げることが重要です。

そうしたブランド化を推進する手段として、商標制度に加え、平成27年6月からは「地理的表示(GI)保護制度」が新たに施行されました。

これまでに10件の地理的表示が登録され、九州では「鹿児島の壺造り黒酢」(鹿児島県)、「八女伝統本玉露」(福岡県)、「くまもと県産い草」「くまもと県産い草畳表」(熊本県)が登録されています。

地域ブランド化には、こうした制度の活用が重要であり、ブランド保護のための商標制度及び地理的表示保護制度の理解を深め、地域ブランドの活用に貢献するためのセミナーを開催します。

セミナー参加費は無料です。経営、研究開発、知的財産に関わる方や関心のある方だけでなく、ご興味のある方は、どなたでも奮ってご参加下さい。

日時

平成28年3月10日(木)13:30〜16:45

場所

ホテルメルパルク熊本 2階 有明(熊本市中央区水道町14−1)

定員

50名

プログラム

  1. 講演「地理的表示保護制度の概要について」
    九州農政局 経営・事業支援部 地域食品課 地理的表示専門官 若藤 嘉史 氏
  2. 講演「『鹿児島の壺造り黒酢』GI登録までの取組と今後の販売戦略」
    鹿児島県天然つぼづくり米酢協議会 事務局長 前田 知英 氏
  3. 休憩
  4. 講演「販路を切り拓く地域ブランディングのすすめ」
    LOCAL&DESIGN株式会社 代表取締役・地域デザイナー 高山 美佳 氏
  5. 講演「商標法による地域ブランドの保護について」
    田代特許商標事務所 代表 弁理士 田代 茂夫 氏
  6. 知財支援施策及び知財総合支援窓口事業の紹介
    熊本県知財総合支援窓口 窓口支援担当者 吉本 隆夫 氏

主催

九州経済産業局、九州知的財産活用推進協議会

申込み方法

案内チラシ兼申込書(PDF:1.19MB)に必要項目をご記入の上、株式会社プランニング松元(業務受託会社)担当:中山まで、FAX(092-284-9207)またはメール( plamatu@ruby.ocn.ne.jp )にてお申し込みください。

本セミナーに関するお申し込み先
株式会社プランニング松元
担当:中山
メール:plamatu@ruby.ocn.ne.jp
FAX:092−284−9207
本件に関する問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 技術企画課 特許室
担当:井上
電話:092−482−5463