> 九州経済産業局  > イベント情報

政策紹介

農業知的財産セミナー
〜地域ブランド・食料品バリューチェーン構築のポイント〜のご案内

平成26年10月7日
九州経済産業局

現在の経済社会では、特許等の「知的財産」が企業等の収益を得ていく資源として重要となっています。

農業においても、生産・加工段階における植物の新品種、技術開発の成果(特許等)の活用、販売段階におけるデザイン(意匠)やネーミング(商標)の工夫、さらには、現場の技術やノウハウ、地域ブランドや食文化といった無形の情報・価値による知的財産を活用することで、農産物の付加価値が高められています。

平成26年6月に「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)」が成立し、地理的表示保護制度が創設されることとなりました。本セミナーでは、専門家から農林水産業における知的財産の活用について講演して頂きます。

セミナー参加費は無料です。知財の相談が可能な窓口等、支援策もご紹介しますので、経営、研究開発、知的財産に関わる方や関心のある方だけでなく、ご興味のある方は、どなたでも奮ってご参加下さい。

日時

平成26年11月5日(水) 13:30〜16:00

場所

熊本地方合同庁舎A棟 1階 共用会議室(熊本市西区春日2−10−1)

定員

100名

プログラム

  1. 「農産品と食品のブランド化と高付加価値化」
    講師:株式会社ブランド総合研究所 代表取締役社長 田中 章雄 氏
  2. 「知財総合支援窓口事業の紹介について」
    熊本県知財総合支援窓口担当者 荒岡 慶志 氏

主催

九州農政局、特許庁、九州経済産業局、九州知的財産活用推進協議会

申込み方法

案内チラシ兼申込書(PDF:650KB)に必要項目をご記入の上、株式会社プランニング松元(業務受託会社) 担当:中山まで、FAX(092-284-9207)またはメール( plamatu@ruby.ocn.ne.jp )にてお申し込みください。

本セミナーに関するお問い合わせ先
九州農政局 経営・事業支援部 事業戦略課
担当:岡村
電話:096−211−9600
本件に関する問い合わせ先
九州経済産業局 地域経済部 技術企画課 特許室
担当:井上
電話:092−482−5463