九州経済産業局 > 組織別&電話番号一覧 > 調査課

調査課

業務内容

 調査課では、統計調査の実施、鉱工業指数、産業連関表等の作成・分析、管内景気動向の把握等を行っています。当局でとりまとめを行っているこれらの統計データ等は、九州地域の景気動向を迅速かつ的確に捉える、最も信頼できる経済統計として各方面で幅広く活用されています。

 ここでは、主な調査や指標をご紹介します。

 ※ 詳細は「九州地域の経済動向、統計データ」をご覧ください。

生産動向について

  • 生産動態統計調査
    鉱工業の事業所を対象にした生産統計で、鉱工業指数の作成に用いられるとともに、その一部については、毎月「鉱工業主要製品の生産実績表」として、とりまとめを行っています。
    ※詳細は「鉱工業主要製品の生産実績表」をご覧下さい。
  • 鉱工業(鉱工業指数)の動向
    鉱工業指数は、月々の鉱工業の生産、出荷、在庫等について、基準年(平成22年)の平均を100とした比率で示したもので、その動向について、毎月「九州地域の鉱工業動向」としてとりまとめています。
    ※詳細は「経済動向(鉱工業動向等)」をご覧下さい。

消費動向について

  • 百貨店・スーパー販売動向
    小売業のうち百貨店、スーパー、コンビニエンス・ストアを対象とした販売統計で、その動向について、毎月「九州百貨店・スーパー販売動向」としてとりまとめを行っています。
    ※詳細は「百貨店・スーパー販売動向」をご覧下さい。

景気全般について

  • 地域経済産業調査
    九州地区の主要企業を対象に景気動向等に関する調査を行い、年4回「九州地域経済産業調査」としてとりまとめを行っています。
    ※詳細は「地域経済産業調査」をご覧下さい。
  • 九経マンスリー・サマリーについて
    生産、個人消費、投資、雇用、貿易等、景気動向をマクロ的に見るための様々な指標を集めて分析したもので、毎月公表しています。
    ※詳細は「九経マンスリー・サマリー」をご覧下さい。

九州の企業活動について

  • 企業活動基本調査
    企業の事業活動の多角化、国際化、研究開発、情報化といった企業活動の実態に関する調査を行い、「企業活動基本調査結果(九州地域)」としてとりまとめを行っています。
    ※詳細は 「企業活動基本調査」をご覧下さい。

九州の産業連関について

  • 九州地域産業連関表
    産業間や産業と家計などにおける財・サービスの取引を一覧表にまとめたもので、地域の経済構造分析や経済波及効果等の分析を行うことができます。地域産業連関表は5年に1度作成しています。また、既存ツールによる九州内の経済波及効果分析と、新規ツールによる九州各県間の経済波及効果分析が可能です。
    ※詳細は「九州地域産業連関表」をご覧下さい。
お問い合わせ先
調査課
電話:092-482-5417 FAX:092-482-5389